たまにはフルコースのランチを

炙った鰆(さわら)のマリネ
オリーブの香り
魚の臭みが無く、オリーブオイルとブラックペッパーといくつかのハーブの香りで美味しい。

バターとフランスパン

外はパリッと焼けて、中はふわふわのフランスパンでした。優しい心遣い嬉しかったです。
無くなれば、すぐ補っていただきました。

ラビオリをしのばせた渡り蟹のビスタ パスティ風

ソースの蟹の味がまろやかです。
いつか家庭で試みたいソースです。
近海産目太鯛のロティとムール貝のブルギニヨンソース
緑は、オリーブオイル・パセリ・アスパラのソース
オレンジは、かぼちゃのソース
鯛とムール貝は柔らかく臭みが無く、白髪葱とソースがよく合いました。かぼちゃのほっとするよう
な甘みが素晴らしい。色彩的にもすてき!

お口直し

梅のアイスで、それほど甘く無くシャーベット風でした。お口直しとして最高ですね。梅入りのシャーベットとは。

地元の鹿肉の煮込みと牛フィレのアンサンブル

牛はヒレはもちろん美味しいですが、鹿肉も同様に柔らかく臭みが無くヘルシーで美味しい。これでしたら日常的に使いたくなりました。

デザート
苺のホワイトチョコケーキ
ブラウニー
バニラアイス
バニラアイスは液体で無く顆粒にしてあるから上品で、とても滑らかでさっぱりしていました。
苺のホワイトチョコケーキも、苺のわずかな酸味とチョコの甘みのバランスがよく美味しく頂きました。
最後は珈琲で〆ました。

フランス料理はソースが命です。
ちなみに日本料理は出しです。
中華料理は香辛料だと言われています。

たまには、自分が作れないプロの美味しいおしゃれな料理を楽しむのも、いいものですね。

評価