アスリート向けレシピ

食物の栄養素を知り、その役割や体内での働きを理解し、食事の選び方や摂取するタイミングを調整することが、アスリートフードマイスターです。
しかし、アスリート自身が学び理解するのが一番の近道だと思います。食事を自身で作るアスリートや作ってもらい選んで食べるアスリートなど様々です。

私は、過酷なトレーニングに日々挑戦しているアスリートの為に、食事をできる限り提案させて頂きたいと思います。

アスリートにとって、食事を調整することで、さらに効果的にトレーニングができることをご存知だと思います。

その為に、特定の栄養素を重点的に摂取するような食事だと思われますが、実はどういう時もバランスの良い食事が基本になります。


スポンサーリンク
2021年11月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

スポンサーリンク



アスリートの為の朝食

これは、一般の方の食事の量です。アスリートはカルシウムやタンパク質などを2・3倍増やします。
一般の食事からアスリート向けに調整するのをスライド方式と言いますが、ご家庭ではお役に立てると思います。

様々なアスリートの方がおられますが、タンパク質(筋肉を増やす)やカルシウム・ビタミンD(骨を強くする)ために調整するには、上記の朝食にプラスします。
→◉炭水化物のチーズ食パンにちりめんじゃこをのせて、2・3
  枚にする。
カルシウム・ビタミンDを増やします。
 ◉コーヒー牛乳を牛乳のみにする。カルシウム・タンパク質の
  増加

 ◉サラダにゆで卵やハムなどを加える。タンパク質の増加
  ※試合当日は食物繊維の多い野菜は避けましょう。
   前日の夕食に摂ってください。
   試合中にトイレに行く事になると大変だからです。

 ◉スープを2・3倍にするたくさんの野菜を摂取するには、
  汁物が最適です。

【メニュー】
・かぼちゃの煮物・つわの鰹節煮(昨夜の残り物)
・🍞食パンにとろけるチーズ・ちりめんじゃこをのせて焼きま
  す。
・フルーツと生野菜→🍅トマト・ゆで卵・ハム・イタリアンパ
          セリ・キウイフルーツ・ドレッシング
・ワンタンスープ→ ワンタンスープ(市販)
          人参・玉ねぎ・ネギ
          もやし・大根・生姜
・飲み物→     牛乳・🍵緑茶

スポンサーリンク